Slack連携機能を利用すると、ワークスペース内の変更通知を手軽に受け取ることができます。 


Slack連携の追加方法


SlackのIncomming WebHookを作成

Slackの設定画面にて、WebHook (ウェブフック) を作成します。以下のURLからSlackのIncoming Webhooksをページを開きます。

https://slack.com/apps/A0F7XDUAZ-incoming-webhooks 


「Add to Slack」をクリックします。

通知したいチャンネルを選択し、「Add Incoming WebHooks integration」ボタンを押します。 

必要な項目を設定し、ページ下部の「Save Settings」をクリックします。次のページの「Webhook URL」の内容を次の手順で使用します。「Copy URL」にてクリップボードにコピーしておくと便利です。

 

ワークスペースの設定画面を表示 

ワークスペースを開いて、右上の「設定」ボタンを押します。 

Slack連携の作成 

WebHookは各ワークスペースにいくらでも登録できます。 

そのため、それらを識別するための 名前 と、フックするSlackの Webhook URL を入力し(コピー&貼り付けを推奨)、「追加」ボタンを押すと登録されます。 


通知の確認

設定が正常に完了すると、フックしたSlackのチャンネルにお知らせのメッセージが届くようになります。 


登録したWebHook通知の停止・削除

登録したWebHook通知は、開始・停止の切り替えや、削除ができます。  

「登録済み一覧」にある各WebHook通知について、右側の「スライダ」で 開始・停止の切り替え 、「削除ボタン」で 削除 が行えます。


Slack通知のタイミング

Slackの通知は以下のタイミングで送信されます。各通知タイミングは変更できません。 

  • ファイルの新規追加
  • ファイルの削除
  • 比較プロジェクトの新規追加 
  • 比較プロジェクトの削除
  • ワークスペースの削除